>

御祝儀の間違いやすいマナー

この記事をシェアする

結婚式・御祝儀トラブル

常識的に考えたらありえない、と思うようなことでもたくさんの人間がいたらありえないことでもないようです。
御祝儀関係では御祝儀を忘れた、お金だけ持ってきた、封筒に書いた金額より少なかった、友達と連名で3万円だった、さらには御祝儀袋だけで中身がなかったということもあるようです。

結婚式関係では欠席と言っていたのに当日突然やってきた、白いドレスでやってきた、引き出物を途中で開けて確認していた、スピーチではその場にふさわしくない内容の言葉を多々多用していたという招待された側の非常識と招待した側が御祝儀をその場で計算していたというものもあるようです。

気持ちとはいえ、お金が関わることなのでお互い疑問や嫌な気持ちにならないようにあらかじめ調べたり、御祝儀をどうしても用意できないという場合は結婚式を挙げる友人にあらかじめ事情を話したり、今後の付き合い方にも関わることなので慎重に用意していきたいです。

地域別御祝儀事情

結婚式の御祝儀の相場は3万円という意識があるので、他のことにもあるように地域で御祝儀の相場も変わってくるようです。
基本は3万円ですが、都心が地元で結婚式を挙げる人が相場より金額が少なかったりすると少し残念な気持ちになりますが、それが大学時代の地方から来た友人だったりすると、その人の地域では当たり前の額だったりすることもあるようです。

北海道は親類のみで式を挙げ、比較的小規模なパーティーを友人たちとするという形も多いようで、会費制であるため、相場より低めなようです。
反対側の沖縄の方では、地域密着色が濃いのでみんなでドンちゃん騒ぎという形が多く、みな友達ということもあるので数千円ということもあるようですが、参加人数が多いため、他と変わらない額が集まったりするようです。

そこまで大きな差はないかもしれませんが、地域関係なく調べたり、聞いたりして恥ずかしくない御祝儀を準備したいですね。