>

御祝儀ルール

この記事をシェアする

金額と作法

初めて結婚式に招待されて御祝儀を用意しようとした時、相場は3万円だということを聞きました。
それは友達や同僚、先輩、後輩という間柄での相場のようです。親戚や兄弟へは5万から10万が一般的なようです。
3万円の理由は1万円札が3枚割り切れない数字、ということのようです。
結婚は2人の結びつきなので分かれたり、切れたりという言葉がご法度のように金額もそのようなルールがあるようです。
そしてこれが意外に間に合わないピン札です。あらかじめ用意しておくものですが、中々平日は仕事があり、結婚式も土日が多かったりすると銀行や郵便局に行けず、ピン札が用意できないということもあります。
昔、コンビニでアルバイトをしている時、ピン札に替えてくださいと言われたことは結構ありました。しかし、そもそも巡り巡ったお札を扱っているコンビニにピン札があることはレアケースです。

時と場合

万が一結婚式を欠席という場合は1万円を現金書留で送るということが一般的です。
しかし、出席の返事を出していて当日欠席をしなくてはならない時は予定であった3万円を包むのが礼儀のようです。
お料理や引き出物も用意してしまっていることを考えればそうなるのは当然のように思います。
御祝儀袋も金額によって変わってきます。文房具屋やコンビニで用意するときでも封筒にいくらからいくらまでという風に明記されているものがほとんどなので迷うことはないと思います。
仲が良い友人の結婚式では好きなキャラクターがあしらわれた御祝儀袋で用意したり、他の人とは違う御祝儀袋を探すのも楽しいです。

どうしてもお金がなくてピンチという時に3万円は用意できず2万円になってしまう場合は1万円札と5千円札2枚で枚数は3枚にしてなるべく悪い数字は避けるということも必要です。