>

御祝儀とお祝いの気持ち

この記事をシェアする

結婚式の御祝儀

今の時代一生に一度の結婚、とは言えないかもしれませんが、やはり結婚するからには結婚式を挙げたいですよね。
そして自分が払い続けてきたご祝儀を回収したいと思っている人もいるかもしれません。
招待された側がお金を出す、しかも基本は3万円というけっして少なくはない金額です。結婚式に招かれた友人が3万円も出したのに、料理が美味しくなかったと言っているのを聞いたことがあります。確かにそのとおりだなと思う一方で、御祝儀とは何なのかという疑問も浮かびます。御祝儀が3万円になったことの歴史は意外に浅いようですが、御祝儀というのは気持ちなのでその金額を出したからそれに見合ったおもてなしをしてほしいというのはわがままなのかもしれません。
最近は御祝儀で結婚式費用をまかなう、という広告なども多かったりするので出す側はこんな大金と思ってしまうのかもしれません。

様々な結婚式

結婚式にも様々な種類があります。教会式や神前式、人前式、場所もホテル、専門式場、レストラン、ゲストハウス、ガーデン、海外など。
大規模なものから小規模なものまであり、よく知られている結婚式では式場に入る前に受付で名前を書き、受付の人に御祝儀を渡す、という形です。最近はレストランやガーデンパーティーのような形も増えてきてそこでは会費制ということになっているようです。会費制は御祝儀制の結婚式より少しカジュアル要素が増えるので気軽な参加と相場は1万~1万5千円ほどとそれほど気を使わない金額にもなっています。

個人的には自分の結婚式は小さいものが良いと思っています。やはりお祝いの気持ちとはいえ、休みもとってもらって自分たちの姿を見てもらうのにその金額を払ってもらうということに抵抗があるなと思いました。